Westminster Effects < Overdrive/Distortion/Fuzz

Exegete1-2
Exegete2-2
Exegete3-2
Exegete4-2
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Exegete1-2
Exegete2-2
Exegete3-2
Exegete4-2
previous arrow
next arrow
製品情報
製品名Exegete
[エクスィジート]
品番WE-EXG
種類Overdrive/Distortion/Fuzz
GTIN(U.P.C.)855078008409
希望小売価格¥20,240[税込](¥18,400[税抜])
製品仕様
供給電圧9V DC center –
コントロールGain, Volume, Tone,
スイッチBypass, 1, 2,
接続端子Input, Output, 9V DC
インジケーターLED 赤
寸法112 × 68 × 51 mm (ノブ,端子等含む)
112 × 60 × 32 mm (筐体のみ)
重量246 g
“ソフトタッチ・リレー・バイパス”フットスイッチ採用モデル
各部詳細
Gainゲインの量を調節します
Volume音量を調節します
Toneトーンを調節します
1ディストーションモード(下側でON)
2オーバードライブモード(下側でON)
1と2のトグルスイッチを同時にONにした際に音が途切れるのは仕様です。同時にOFFにした場合にはクランチモードへ切り替わります。

※当製品はハンドメイドのため、塗装にムラがある場合がございます。


ExegeteBixonic Expandora*のサウンドをリプロダクトしたペダルでクランチトーンから激しいファズトーンまで幅広いサウンドを提供します。

モチーフになったExpandoraでは内蔵されていた1&2それぞれのスイッチをトグルスイッチに変更することでより使い勝手が向上しました。両方をONにした際のブチブチとしたゲートファズの様なサウンドも踏襲しており、トリッキーなサウンドを出力することが可能です。勿論それぞれのスイッチでのサウンドも有用で、幾つものバリエーションを楽しむことが出来ます。
また、ソフトタッチ・リレー・バイパスを搭載しており、通常のクリックのあるスイッチよりも耐久性が高くなっています。

*「ソフトタッチ・リレー・バイパスフットスイッチは電子制御式のフットスイッチです。通常のスイッチとは異なり切り替え時に発生する摩耗や衝撃が少なく、耐久性の面で優れています。また仕様上踏み込みの際のクリック感がなく、通電していない状態ではスイッチを切り替える事ができません。

公式ページより引用
EXP-2000 Expandoraは1994年に日本のBixonicから発売された歪み系ペダルです。小さな丸い筐体が特徴的で、国内では「サケ缶」の愛称で呼ばれることもあります。またZZ Topのビリー・ギボンズが使用したとされ、海外での評価が高い事でも知られています。基盤内にある2つのDIPスイッチを操作することでクランチ、オーバードライブ、ディストーションを切り替えることが出来ました。
エクスィジートとは宗教書の本文本来の意味を解釈して明らかにする(聖書釈義を行う)人を指します。16世紀に行われた宗教改革においてはマルティン・ルターが個人による聖書解釈の復活とその重要性を主張しました。

弊社Benten Distribution取扱製品に関するお問い合わせにつきましては、【お問い合わせページ】または【info@benten-distribution.com】にて承ります。またSNS等でも弊社取扱製品についての最新情報をお知らせしておりますので、是非チェックをお願い致します。

ページの先頭へ戻る▲