WEEHBO Guitar Products

plexface_01
plexface_02
plexface_03
plexface_04
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
plexface_01
plexface_02
plexface_03
plexface_04
previous arrow
next arrow
製品情報
製品名Plexface
[プレックスフェイス]
品番105
種類Preamp/Vintage Dual Overdrive
GTIN(EAN)4270000583254
希望小売価格¥47,630[税込](¥43,300[税抜])
製品仕様
供給電圧9V DC
消費電流7mA (10mA @ 18V)
コントロールDrive, Tone, Level, Volume, Treble. Bass
トリマーSHAPE On/Off (BLACKFACE), SHAPE On/Off (PLEXI),GAIN ’87, GAIN ’57, GAIN BF
スイッチPLEXI (True Bypass), BLACKFACE (True Bypass), Shape, ’59/’87, ’65/’57, Dynamic
接続端子Input, Output, 9V DC, 9V battery connector
インジケーターLEDs 5mm red & blue, ultrabright
寸法120 × 100 × 55 mm (ノブ,端子等含む)
120 × 94 × 35 mm (筐体のみ)
重量390 g
付属品ゴム足
各部詳細
PLEXIPLEXIチャンネルのOn/Offを切り替えます
BLACKFACEBLACKFACEチャンネルのOn/Offを切り替えます
SHAPE中域と低域をプッシュ(PU)、もしくはフラット(FL)にします
’59/’87PLEXIチャンネルにおいてJTM (’59)とJMP (’87)の二つの歪みから選択します
’65/’57BLACKFACEチャンネルにおいてBLACKFACE (’65)とTWEED (’57)の二つの歪みから選択します
DYNAMIC電圧を9V ,18V(昇圧)から選択します
9V:左
18V:右
DRIVEPLEXIチャンネルの歪みの量を調節します
TONEPLEXIチャンネルのトーンを調節します
LEVELPLEXIチャンネルのボリュームを調節します
VOLUMEBLACKFACEのボリュームと歪みの量を調節します
TREBLEBLACKFACEの高域を調節します
BASSBLACKFACEの低域を調節します
SHAPE On/Off (BLACKFACE) (内部トリマー)SHAPEスイッチのBLACKFACEチャンネルにおけるOn/Offです
SHAPE On/Off (PLEXI)(内部トリマー)SHAPEスイッチのPLEXIチャンネルにおけるOn/Offです
GAIN ’87 (内部トリマー)JMP(’87)モードのゲインです
GAIN ’57 (内部トリマー)TWEED(‘57)モードのゲインです。
GAIN BF (内部トリマー)BLACKFACEチャンネルの全体のゲインです
WEEHBO Guitar Products Plexface Trimer
内部トリマー詳細

PLEXFACEはポピュラー音楽における4つの時代を1つにしたエフェクターであり、PLEXIBLACKFACEという2つの独立したチャンネルを持っています。

BLACKFACEは真空管の代わりに電界効果トランジスタを用いた有名な60年代半ばのアンプの忠実な復元です。VOLUMEノブはボリュームはもちろん、全体のゲインとサチュレーションもコントロールします。VOLUMEノブをひねるとあのアンプの代名詞でもある軽い真空管のサチュレーションを得ることができます。さらに2つの異なるサウンドBLACKFACE(’65)TWEED(’57)を選ぶことができ、TWEEDモードはよりホットなサウンドです。

PLEXIチャンネルは多くのアーティストが使用しとても人気になった伝説的な100ワットの1959 Plexi*アンプをもとに設計しています。こちらもJTM(’59)とJMP(’87)の2つのモードから選ぶことができます。

両チャンネルを同時に使用することも可能で、信号はPLEXIからBLACKFACEの順に流れます。

公式ページより引用
 "Plexi"とは、英国Marshall社によって1960年代の終わり頃から1970年代の初めにかけて生産されたモデルのアンプの総称です。現行品とは違い、フロントパネルがアクリル(プレキシ・グラス)で作られていた事から"Plexi"の名で呼ばれるようになり、エリック・クラプトンやジミ・ヘンドリクスらが愛用したことでも知られています。 
"Blackface"はFender社の生産するアンプのうち、1963-1967年頃に製造されていたものを指し、外装とコントロール・パネルが黒い事からこの名で呼ばれます。またこの時期のモデルにはスプリング・リバーブが搭載されたものが多く、中でも"Twin Reverb"は非常に人気が高く現在も販売されるFender社の誇るベストセラー商品の一つです。
Fender社の最初期のアンプは当時流行していたツイード生地を外装に使用しており、後に他の年代のものと区別するための呼び名としてこの"Tweed"という言葉が定着していきました。"Champ"や"Bassman"などの伝説的なラインナップは創生期のロックなど当時のミュージック・シーン以外にも、Marshall社などの後発メーカーに対しても多大な影響を与えました。

弊社Benten Distribution取扱製品に関するお問い合わせにつきましては、【お問い合わせページ】または【info@benten-distribution.com】にて承ります。またSNS等でも弊社取扱製品についての最新情報をお知らせしておりますので、是非チェックをお願い致します。

ページの先頭へ戻る▲